ジョージ・ヒル「期待していたものではない」

シェアしよう!

昨季ジャズでキャリアハイのシーズンを記録したジョージ・ヒル。

サクラメント・キングスに移籍した今季は、スコアリングリーダーとしての役割が期待されていた。

だが、ここまで平均10.1得点(昨季16.9得点)と全く期待に答えられず。トレードの噂が出ている。

更にチームはディアーロン・フォックスやフランク・メイソン3世などの若手ガードにも出場機会を与え、ヒルの立場はますます無くなっているのだ。

自身の現状について、ヒルは以下のようにコメント。Ailene Voisin of The Sacramento Bee が伝えている。

このような状況は経験したことがないね。期待したものではないし、予想してたより難しい。

チームとして一致団結しているとは思う。けど、俺らはまだお互いを学んでいるし、お互いのプレイスタイルも違う。俺は物事を把握しないといけないね。

厳しい時を過ごしているジョージ・ヒル。

だがまだ彼は31歳。まだまだプレイできる年齢であり、長く過ごせるチームを早く見つけたいところだ。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。