ケビン・デュラント、レブロン・ジェームズのウォリアーズ面談報道について「誰もそんなことは考えなかった」

シェアしよう!

クリーブランド・キャバリアーズの大黒柱であるレブロン・ジェームズは、今季終了後FAになる見込みと言われている。

キャブスとの再契約やロサンゼルス・レイカーズとの契約が多く報道されているが、ここにきて最大のライバルであるゴールデンステイト・ウォリアーズもレブロン・ジェームズの獲得競争に参戦するのかもしれない。

ESPNによれば、ゴールデンステイト・ウォリアーズがオフシーズン中にレブロン・ジェームズとの面会を予定しているというのだ。

真相は定かではないが、実現すれば多くの賛否が巻き起こるだろう。

このことについて、ライバル間移籍を経験しているケビン・デュラントは以下のようにコメント。theScore.comが伝えている。

NBAにいて、何年か経過して、今ここにいるが、誰もそんなことは考えなかっただろう。

バスケットプレイヤーとして純粋に「バスケットボールのことについて考えよう」というのが俺の考えだ。だが反対に、俺らはこれはビジネスでもあるということを知っているし、俺がリーグに入って以来、たくさんのクレイジーなことが起きている。将来もっとクレイジーなことが起こるかもしれないね。

先日はブレイク・グリフィンがピストンズにトレードで移籍するというクレイジーなことが起きたが、レブロン・ジェームズがウォリアーズのメンバーとしてプレイすることはあり得るのだろうか。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。