カーメロ・アンソニー、クリスタプス・ボルジンギスの負傷離脱を悲しむ

シェアしよう!

先日行われたバックス戦で、ニックスのエースクリスタプス・ボルジンギスは前十字靭帯断裂の大怪我を負った。

念願のオールスター出場も叶うなど、順調な成長を見せていただけに、関係者のショックは計り知れないだろう。

昨季までニックスのフランチャイズプレイヤーとして活躍し、ポルジンギスがニックスに入団したときにはポルジンギスに様々なサポートを行ったカーメロ・アンソニーも、ポルジンギスの負傷離脱を悲しんでいるようだ。

彼の以下のコメントをnewsdayが伝えている。



悲しいよね。悲しい。過去数年、更に今年、彼は成長し続けてるから、怪我のニュースを知って本当に悲しかった。

友人として、バスケットボールを忘れて、友人として、ブラザーとして、誰かがそのような大きな怪我を経験するのを見るのは辛いことだ。

彼が怪我の対処しなければならないのを見ると、辛いよ。

前十字靭帯断裂によって、ポルジンギスは1年ほど離脱すると言われている。

前十字靭帯断裂を負った選手は現役でも複数在籍しているが、怪我前と同等のパフォーマンスを披露している選手はかなり限られる。

ゆっくりと怪我を癒やし、強くカムバックしてくれることを願うばかりだ。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。