ジャマール・マレー「競争が好きなだけ」

シェアしよう!

日本時間03/10行われたロサンゼルス・レイカーズ対デンバー・ナゲッツの試合で、レイカーズのHCであるルーク・ウォルトンがナゲッツのジャマール・マレーに対して激昂する場面が有った。

ジャマール・マレーは前のレイカーズ戦でロンゾ・ボールに対して奇妙なプレーをし、レイカーズの選手達から顰蹙を買っていたのだが、この試合ではウォルトンがジャマール・マレーに対して激怒。

マレーのトラッシュトークから激怒したそうだが、試合後ウォルトンはマレーについて「少し礼を欠いた行為をした」と批判していた。

だが、当のジャマール・マレーは気にしていないようだ。彼は試合後以下のようにコメント。theScore.comが伝えている。

俺は競争するのが好きなだけさ。

俺らがプレイオフスポットを争ってるのは知ってるよね。(レイカーズ戦前)2つのまずい負けを経験して、俺らは少しリスクを冒してプレイする必要があったし、他のチームはそれを気にしてたんだと思う。ただ俺はそれ以外何もすることは出来ないけど、ゲームの課題を受け入れてプレイし続けるだけだ。

他のチームの感情をコントロールすることは出来ないよ。

ジャマール・マレーとレイカーズには今後遺恨が残ることになっただろう。

今季はまだ1試合レイカーズ対ナゲッツ戦があるが、その時は一体どんな試合になるのだろうか。注目だ。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。