カイル・クズマ「アイザイア・トーマスはキャブスを殺す気だった」

シェアしよう!

今季冬にキャブスからレイカーズへ移籍したアイザイア・トーマスは、日本時間03/12にレイカーズのホームで行われたキャブス戦でベンチから20得点とチーム最多の9アシストを記録した。

大型トレードを実現させたチーム同士の対戦とあって注目を浴びたこの試合で、アイザイア・トーマスはキャブス在籍時の不調を忘れさせるパフォーマンスを披露。

トーマスやトーマスファンにとって最高の1日になっただろうが、チームメイトのカイル・クズマはトーマスの闘争心に感銘を受けたようだ。

彼はトーマスについて以下のようにコメント。SLAMが伝えている。

彼は得点するたびにクリーブランドのベンチに向かって吠えてたんだ。

彼はキャブスでたった15試合しか出てなかったけど、彼がキャブスを殺そうとしているのを見るのはとても良かったね。彼の前のチームで、彼らはトーマスを望んでいなかったんだ。

彼は素晴らしい仕事をしたよ。

なおアイザイア・トーマスはレイカーズ移籍後、FG成功率、3ポイント成功率、フリースロー成功率、平均アシストのすべての項目がキャブス在籍時よりも良くなっており、確実に復調してきていることが数字から見て取れる。

特にフリースロー成功率は約95%誇り、フリースローを苦手とする選手が多いレイカーズの中で救世主的な存在に。

カイル・クズマやロンゾ・ボールなど若い選手が多い中、アイザイア・トーマスのような強靭なメンタルを持った選手は若手の素晴らしいお手本となることだろう。

今後のトーマスにも注目だ。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。