ピストンズのHC、審判をボコボコに言い過ぎて罰金を食らう

シェアしよう!

一応イースト9位のデトロイト・ピストンズは、ここ15試合で3勝と絶不調の状態にある。

チームの状態も悪い中、チームを率いるスタン・ヴァン・ガンディHC(以下SVG)はイライラを隠せなかったようだ。

先日行われたブレイザーズ戦に100対87で敗れた後、SVGは審判がピストンズにフリースローをあまり与えなかったことに対して以下のようにコメントしていた。ESPNが伝えている。

あれは恥ずかしいことだね。彼らにとって恥ずかしいことだし、リーグにとって恥ずかしいことだよ。

4年以上このリーグにいるが、試合後コートに来たことはない。一度も、一度もコートに入ったことはないが、あれは本当に恥ずかしいことだよ。我々は完全にひどい目に遭ったね。

ブレイザーズはディフェンスの大部分で、とてもハードにプレイしてた。彼らの価値を落とすつもりはないが、あのように罰から逃れてプレイして、悪いオフィシャルによってひどい目に遭えば、彼らのディフェンスはより良いものになるんだろうね。

なおこのコメントで後にSVGは15000ドルの罰金処分を受けてしまった。

ピストンズは現在イースト9位に位置しているものの、8位のマイアミ・ヒートとはゲーム差6.5と離れており、プレーオフ進出は絶望的な状況だ。

上がり目がなさそうな状態だが、イライラを抑えて、来季につながるパフォーマンスを披露してほしいものだ。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。