マイク・ダントーニHC、ケビン・デュラント以来のスタッツを記録したクリント・カペラを称賛

シェアしよう!

プレーオフ第1ラウンド1回戦で、ロケッツのクリント・カペラはウルブズ相手に24得点、12リバウンドを記録した。

シューター陣の調子が悪い中、ジェームズ・ハーデンと素晴らしいコンビプレイを披露し、チームの勝利に貢献したカペラ。

ESPNによれば、ファーストハーフで20得点、10リバウンド以上を記録した選手は2015年のケビン・デュラント以来初めてだそうだ。

この活躍に、ロケッツの指揮官マイク・ダントーニも称賛を惜しまなかった。

彼はクリント・カペラについて以下のようにコメント。ESPNが伝えている。

彼は恐ろしい。本当に良い。

彼は多分、過小評価されていると思う。人々は彼について一晩考えても、彼はリーグでより良いセンターの一人だね。

得点だけでなくカール・アンソニー・タウンズのディフェンスでも奮闘したカペラ。

4年目の今季はほぼすべての項目でキャリアハイを更新し、ロケッツの縁の下の力持ちとして活躍した。

圧倒的な得点力に注目が集まるが、彼の注目も見逃せない。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。