カール・アンソニー・タウンズ「イライラする時間はない」

シェアしよう!

プレーオフデビューを果たしたウルブズのカール・アンソニー・タウンズは、ここまで2試合で合わせて13得点しか記録できていない。

タウンズ不調の影響は大きく、ロケッツが本調子でない中ウルブズは連敗。

第2戦目はセカンドハーフでたった5分しか出場せず、ショットは一本も打てなかったタウンズ。

不満の溜まる試合内容だろうが、タウンズ自身は第1戦終了後同様、前を向くしか無いと感じているようだ。

彼は試合後、以下のようにコメント。ESPNが伝えている。

イライラする時間はないよね。あまりにも多くのポジティブなエネルギーが正しい方向に進む必要があるんだ。ネガティブな時間はない。イライラする時間はない。うなだれる時間はない。俺らは前進して、次の試合に勝つようにしなければならないんだ。

俺らは自分を含めて、すべての面で良くなる必要がある。勝つ方法を見つけないと。言ったように、ネガティブな時間はない。ポジティブな時間がただあるだけだ。勝つ方法を見つけて、いくつかの微調整を行って、次の試合の準備をしないといけないんだ。

なおHCのティム・シボトーはタウンズについて「彼は学んでる」と擁護している。

タウンズの復調なしに、ウルブズの躍進はない。

ネガティブになっていないことは素晴らしいことだが、プレーオフでウルブズに時間は多く残されていない。

早くスランプから抜け出し、プレーオフを盛り上げてもらいたいものだ

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。