ジャパリ・パーカー、出場制限に不満

シェアしよう!

二度目の前十字靭帯断裂を乗り越え、今期終盤に復帰を果たしたバックスのジャパリ・パーカー。

怪我前までスタメンだった彼だが、復帰後は出場制限がかけられ、満足なプレイタイムを得ていない。

大きな怪我だったため仕方のないことだろうが、パーカー自身は満足なプレイタイムを得ていない現状にうんざりしているようだ。

彼は現状について、以下のようにコメント。WISN21が伝えている。

俺は人間だ。不満を溜めるのが当然だろう。おれは試合に出るために2年間も待ってたんだ。

プレーオフに入ってもあまりプレイタイムを得られていないパーカー。

今期終了後には制限付きFAになるが、バックス残留かどうかについて「本当に不確定」と先日語っていた。

パーカーは今後どのような道を歩むのだろうか。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。