ジョー・イングルス「怯むつもりはない」

シェアしよう!

プレーオフ第一ラウンド第4戦で、ジャズのジョー・イングルスはサンダーのポール・ジョージと激しくやり合う場面があった。

この試合、全体を通してジョージに激しく当たっていたイングルス。

ジョージがイングルスのハードなプレイにイライラする場面もあり、イングルスの激しい当たりに驚いたファンも多かったことだろう。

このことについて、イングルスは以下のようにコメント。怯むつもりは全く無いようだ。NBAonTNTが伝えている。

俺らはバスケットボールの両サイドで競争相手になってるだけだ。

明らかにポール・ジョージはとても良いプレイヤーだ。毎晩彼を守ることは俺にとって適した仕事。怯むつもりはない。ハードにプレイして、競争するつもりだよ。

ジャズの中では比較的地味な存在であるイングルスだが、4年目の今季は主要スタッツほぼ全てでキャリアハイを記録した。

今後の彼にも注目だ。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。