ハッサン・ホワイトサイド「戦うチャンスを与えてくれ」

シェアしよう!

現役屈指のショットブロッカーとしての活躍が期待されたヒートのハッサン・ホワイトサイドだが、今季は期待はずれのシーズンとなってしまった。

主要スタッツほぼ全てで昨季を下回り、プレータイムに至ってはたったの25.3分。

プレーオフではシクサーズのジョエル・エンビードを相手に強烈なディフェンスが期待されたが、全く力を発揮できず。第5戦はファウルトラブルによりたった10分しかプレイしなかった。

このプレーオフの体たらくに、ホワイトサイドは悔しさを抱いているようだ。

彼は以下のようにコメント。 Sun-Sentinelが伝えている。

シーズンは長くて、アップアンドダウンがあるよね。

俺は試合に出なかった。試合に出なかったんだ。少なくとも戦うチャンスを与えてくれ。30分プレイして、悪いプレイだったのは理解できる。だけど、少なくともチャンスを与えてほしい。

ホワイトサイドは今季終了前から起用法についてチームに不満を持っており、難しい時期を過ごしている。

チャンスは十分に与えられていると思うが、集中力の無さやディフェンス意識の低さは、ブレイクした時期からあまり変わっていない。

ホワイトサイドは既に28歳。選手としてはピークの年齢であるが、来季は期待された活躍を披露できるだろうか。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。