ロンゾ・ボールの弟ラメイロ・ボール、リトアニアの元チームメイトからボロクソ言われる

シェアしよう!

ロンゾ・ボールの弟であるリアンジェロ・ボールとラメイロ・ボールは、父ラバー・ボールの意向で学校でのバスケを辞め、リトアニアリーグの選手として少し前までプレイしていた。

だが、ラバー・ボールは「コーチが全てを支配している」と述べ、アメリカに帰ることを発表。

二人のプロキャリアは一旦終わり、リアンジェロは今季のドラフトアーリーエントリーを表明した。

リトアニアでのプレーは彼らにとって大きな経験になったのかもしれない。だが、二人のうちラメイロ・ボールの態度は、リトアニアのチームメイトにとって受け入れがたいものだったようだ。

ESPNの記者が番組内で以下のようにコメントしている。

彼にとって、リトアニアでの経験は全く良いものではなかった。

彼のチームメイトだった一人は、彼のことを怠け者で傲慢な人だとして私に紹介してきたんだ。そのチーム(リトアニアのチーム)で私が話した複数の選手は、彼は一度も受け入れなかったと言ったんだ。

まだ16歳のラメイロ・ボールはリトアニアでたった8試合しか出場せず、平均6.5得点しか記録できなかった。

今後ラメイロは新しいジュニアバスケットリーグへの参加が期待されている。

なお父のラバー・ボールはロンゾを含めた3兄弟をレイカーズでプレイさせることを望んでおり、もしレイカーズがそうしなければロンゾはレイカーズを去るとまで言っている。

本当にそんなことが強引にできるのか甚だ疑問だが、ラメイロに関してはまだ16歳とかなり若い。

父の夢のため、これからの成長に期待したいところだが、果たして。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。