カイル・ラウリー「ファイナルに行けると感じてた」

シェアしよう!

イースト1位でプレーオフ進出を決めたトロント・ラプターズは、プレーオフでも躍進が期待された。

だがクリーブランド・キャバリアーズがペイサーズを倒した時点で、コアなNBAファンはラプターズがキャブスにスイープされた昨季プレーオフを思い出したに違いない。

今季も昨季と同じことが起きるのでは…そんな予想があった中、ラプターズは残念ながら予想通りの結果を出してしまった。

レギュラーシーズンで素晴らしい結果を残しながら、プレーオフでスイープされ敗退。レギュラーシーズンにあれだけ賞賛されたHCのドウェイン・ケーシーに解任論が噴出するほど、ラプターズにとって厳しい結果になった。

チームの柱の一人であるカイル・ラウリーも、この結果の重さを感じているようだ。

彼は試合後、以下のようにコメント。theScore.comが伝えている。

俺にとって無駄な1年だった。

おそらくNBAのファイナルに行けるだろうと俺らは感じていた。それが俺らのゴールだ。それが常に俺にとって本当のゴールだし、今季はそれが唯一の問題だったんだ。

俺らは3年も続けてキャブスに負けた。レブロンは本当に、とても良いね。

結局いつもこう言うんだ。「ベストになって、ベストに勝つ必要がある」とね。そして俺らは連続して過去3年ファイナルに出たチーム相手に失敗したんだ。

デローザンの退場など、後味の悪いシーズンの終え方となったラプターズ。

来季に向け、力強く立ち直ってもらいたい。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。