パーソナルコーチが唖然…クリスタプス・ポルジンギスのリハビリ、とんでもないペースで進行中

シェアしよう!

オールスター前に膝の前十字靭帯断裂という大怪我を負ったクリスタプス・ポルジンギスは、現在スペインのレアル・マドリードというチームでリハビリ中だ。

前十字靭帯断裂は復帰まで最低でも1年はかかる怪我。来季全休の報道が流れるなど、ポルジンギスにとって厳しいものであることは間違いない。

だがポルジンギスのパーソナルパフォーマンスコーチ曰く、彼のリハビリは「開いた口が塞がらない」ほどのペースで進行中だという。

パーソナルパフォーマンスコーチは以下のようにコメント。SLAMが伝えている。

KP(ポルジンギス)はマドリードでとても良い。彼のアグレッシブなリハビリは開いた口が塞がらないペースだ。同時に、彼の体は既に獣のように見える。

我々は彼の引き締まった筋肉量を増やそうとしていて、ゲームを補完するための機能性と頑丈性についてもトレーニングしているんだ。

ニックス再建の切り札と目されるポルジンギス。

順調な回復を願うばかりだ。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。