ロンゾ・ボールの父ラバー・ボール、レイカーズのトレーナーをボロッカスに批判

シェアしよう!

レイカーズ再建の切り札と目されているロンゾ・ボールだが、期待された今季は怪我で30試合も欠場することになってしまった。

ファーストオプションだっただけに、怪我による離脱はチーム、本人にとって苦しいことだっただろう。

そしてロンゾの父であり、バカで過激な発言で度々メディアの的になっているラバー・ボールは、ロンゾの怪我はレイカーズのトレーナーによる練習が原因だと思っているようだ。

レイカーズのトレーナーであるグンナール・パターソンについて、ラバーは以下のように酷評。HoopsHypeが伝えている。

グンナーが行なっているようなラバーバンド(練習用のとても太くて大きな輪ゴム)を使ういくつかのトレーニングを行おうとするなら、それはバガでふざけたトレーニングだ。まさにそう言うことだ。

クソッタレ。ロンゾをそこに連れて来たとき、彼はそれを好んでいなかった。初めてレイカーズに来たとき、彼は一度も怪我をしたことがなかった。一度もな。

なんとも怒り心頭なご様子のラバー・ボール。

レイカーズがラバー・ボールの意見を汲み取ることはあるのだろうか。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。