クレイ・トンプソン、あの選手と対戦しなくていいことを喜ぶ

シェアしよう!

ウォリアーズのクレイ・トンプソンは、リーグ歴代屈指の3&Dと呼ばれるほど、卓越したディフェンス能力を誇る選手だ。

今季プレーオフでもその力を遺憾無く発揮し、対戦相手を苦しめている。

だがそんな彼でも、対戦しなくていいことを嬉しく思ってしまう選手がいるようだ。彼の以下のコメントをSLAMが伝えている、

キャブスは本当に独特でユニークだ。彼らの全てを守ることが楽しいというわけではないが、俺は競争者としてチャレンジを愛しているよ。

誰を守ることが一番難しいというのを伝えることはできないけど、カイリー(アービング)をもうチェックする必要がないことは確実に嬉しいね。彼はタフだからね。

昨季までキャブスに所属していたカイリー・アービングは、3年連続ファイナルでトンプソンを相手にしていた。

トンプソンのような実力者でも、アービングのオフェンススキルはタフなものなのだろう。

来季の彼らのマッチアップにも注目だ。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。