ウルブズのタイアス・ジョーンズ、一時はトレードでの移籍を希望も…ウルブズは拒否

シェアしよう!

キャリア3年目のシーズンを終えたウルブズの控えガードであるタイアス・ジョーンズ。

今季は82試合すべてに出場した彼だが、どうやらウルブズでこの先プレーするつもりは無かったようだ

SportingNewsによれば、ジョーンズはトレードによる移籍を希望していたが、面談で変わったという。

ジョーンズはプレーオフ後チームのマネジメントと会談し、シボトー(HC)は彼の発展について支持を表した。ウルブズはデリック・ローズと再契約したが、ジャマール・クロフォードはチームに戻る気がないので、タイアスの出場機会は増えるだろう。

ジョーンズはトレードをリクエストしようと思っていたが、チームとの面談でその考えがなくなった。そして今のところ少なくとも、チームは彼をトレードするつもりはない。

タイアス・ジョーンズはレギュラーシーズン平均17.9分の出場だったが、プレーオフではデリック・ローズの存在もあってか13.8分の出場に留まっていた。

シボトーは彼の成長を支持して行くと語ったそうだが、先発陣を酷使するその戦術が来季以降も続くのであれば、ジョーンズは今季のような苦しみをもう一度味わうかもしれない。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。