FAのジャベール・マギー「ウォリアーズが俺の望む場所」

シェアしよう!

今夏FAになるセンターのジャベール・マギーは、今季ウォリアーズでスタッツを大きく下げた。

新人のジョーダン・ベルやケボン・ルーニーの台頭によってその役割が減少していた彼だが、マギー自身はウォリアーズ残留を希望しているようだ。彼の以下のコメントをESPNが伝えている。

俺は他のチームについて考えていない。主な俺の考えが残りのキャリアをウォリアーズで過ごすことだからね。もしそうなれば、幸せだね。

FAがどう終わるかわからないけど、長くはなるだろうね。特にみんなはレブロン・ジェームズやクワイ・レナードを待っているだろうから。だから、誰が誰を必要としていて、どう終わるかなんてわからない。だけど俺はウォリアーズに戻りたい。あそこが俺の望む場所だ。

かつてはシャキール・オニールが司会を務める某番組のコーナーで「レジェンド」と言われた彼だが、ここ2年はウォリアーズの勝利に貢献し続けている。

もう30歳と若くないが、ウォリアーズでキャリアを終える彼に期待したい。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。