ヤニス・アンテトクンポ「絶対にL.Aには行かない」

シェアしよう!

今夏の NBAFA戦線を面白くしているのは、ロサンゼルス・レイカーズ関連の話題だろう。

FA解禁前はポール・ジョージ、レブロン・ジェームズ、クワイ・レナードの移籍が噂され、解禁後はレブロンに加えここまでレイジョン・ロンド、ランス・スティーブンソン、ジャベール・マギーがレイカーズに加入した。

格式・伝統のあるチームでホームがロサンゼルスとあってか選手にとって多くの魅力があるレイカーズ。今後もレイカーズに加入を希望する選手は現れて来ることだろう。

だが、ミルウォーキー・バックスのエースであるヤニス・アンテトクンポはレイカーズに全く興味がないようだ。レイカーズに呼ばれればバックスを離れるか?との質問に彼は以下のように返答。SLAMが伝えている。

正直に言えば、それはない。あり得ないね。ミルウォーキーで持っているものを仕上げたいんだ。

俺のゴールはミルウォーキーで勝利を手にして、この街にチャンピオンシップをもたらして、チームを良くすることだ。だから、絶対にL.Aには行かない。

レブロンがレイカーズに移籍したことで、ヤニスはスカスカになったイーストをより一層盛り上げて行かねばならなくなった。

今季はもう一皮向け、ウエストのチームを蹴散らす活躍に期待したいところだ。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。