キャブス、ルーキーのコリン・セクストンを軸にチーム作りを行う?

シェアしよう!

チームの大黒柱であったレブロンをFAで失い、解体危機にあるクリーブランド・キャバリアーズ。

ケビン・ラブやその他高給プレイヤーには不要論が流れ、チームは再建の道を進むのか、このまま行くのかの選択を迫られているだろう。

そしてESPNのBrian Windhorstによれば、現キャブスのロスターにおいて「アンタッチャブル」、すなわちトレードされる事が絶対にないと言い切れるのは、今季のドラフト8位でキャブスが指名したルーキーのコリン・セクストンだけだという。

キャブスはケビン・ラブとカイル・コーバーをトレードするつもりだろうが、他のチームからトレードオファーが出されていない。キャブスが彼らをトレードしたがっていると私は思わないが、彼らはアンタッチャブルではない。コリン・セクストンが唯一アンタッチャブルだ。

セクストンはサマーリーグで予想外の活躍を披露しており、1年目でもある程度活躍できるかもしれない。

だがそれでも未知数な状態であり、彼を軸としてチームを作ることは現状リスキーな選択になるだろう。

レブロンが抜けた影響で忘れられた存在となりかけているキャブスだが、これからどんなチームを作っていくのだろうか。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。