アンソニー・デイビス、カズンズの移籍に「少しショックを受けた」

シェアしよう!

オールスターセンターであるデマーカス・カズンズが王者ウォリアーズと契約したことは、今夏最大のサプライズとなったことだろう。

ファンや選手誰もが驚いた決断だったわけだが、チームメイトであり良き相棒であったアンソニー・デイビスもカズンズの決断に驚いていたようだ。彼の以下のコメントを CBS Sportsが伝えている。

もちろん少し驚いたけど、俺はデマーカスのことをわかってる。彼は家族やこの時点でのキャリアにとってベストな決断をしたんだ。

ビジネスなことは理解してる。もちろんカズンズがいる状況を好んでいたよ。だけどあの時点で、俺は彼がどういう状況で何を考えてるのかわからなかった。ただ彼は多くのことがあった。トレードされてここに来てマックス契約に値して、アキレス腱を断裂した。これはタフなシチュエーションだし、彼にとってタフなことだ。

ペリカンズはカズンズに対し2年約40億の契約を提示したというが、カズンズはこれを拒否。その後はどこからもオファーがなかったが、結局格安契約でウォリアーズ加入を決断した。

おそらく来年以降になるだろうが、この二人の対決にも注目したいところだ。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。