ケビン・デュラント、レブロンのレイカーズ移籍を絶賛

シェアしよう!

NBAのキングとして君臨してきたレブロン・ジェームズは、今夏報道どおりFAになりレイカーズへ移籍した。

1回目のクリーブランド離脱と違い今回の移籍は歓迎を表明する声が多いが、レブロンのライバルでもあるケビン・デュラントは今回のレブロンの移籍をとても素晴らしい決断だと感じているようだ。彼の以下のコメントをESPNが伝えている。

あれが好きだ。とても好き。

彼の決断は完璧な決断だと思った。完璧な動きだ。彼はクリーブランドでやるべきことをすべてやった。彼にとって完璧な次のステップだと俺は思う。彼はNBAのスーパースターが思っている障壁みたいなものををぶち壊してくれた。

一つの場所で最後までプレイするべきだと感じられているだろう。その点で彼は違ったチャプターを与えたと思うし、成し遂げた時彼の本は更に面白くなるだろうね。

デュラントの言う通り確かに一部のファンの間では一つのチームで忠誠を誓ってずっとプレーすることが当たり前のことだと思われている。

散々そのような批判を受けてきたデュラントにとって、レブロンのこの決断は心強いものだったのかもしれない。

とはいえ、レイカーズはウォリアーズと同じウエスト。ライバルとして立ち塞がるだろうが、彼らの対戦もウエストをより盛り上げてくれることだろう。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。