ロンゾ・ボールの弟二人が所属していたリトアニアのチームのコーチ、二人と父ラバー・ボールをボロクソに批判

シェアしよう!

ロンゾ・ボールの弟であるリアンジェロ・ボールとラメイロ・ボールは、父ラバー・ボールの意向により昨季リトアニアリーグのチームに所属していた。

学生時代に大した実績を残せなかった二人のプロリーグ参加について当時は賛否両論が巻き起こったが、どうやらそのリトアニアのチームのコーチは彼らについて全くいい思い出がないようだ。コーチのコメントをSporting Newsが伝えている。

彼らの参加を許したことが、我々の最初かつ最も重大なミステイクだったし、特にラバー・ボールは試合プランの決定など我々のクラブを変えるつもりだったと思う。

彼らがリトアニアリーグのレベルに近づく部分などなかったし、ドラフトの結果を見るに、NBAでもそう思われているのは明らかだ。

そして最も失望した事実は、彼らの内なる活力が良くならなかったこと。進歩がなかったし、彼らはクラブを壊し始め、ビッグボーラーブランドのトーナメントの優勝チームへ賞金が支払わられなかったんだ。

ラメイロはまだ高校生の年齢だが、リアンジェロはドラフトにエントリーするも指名されず、サマーリーグへの招待すらなかった。

結果的に、彼らのリトアニアリーグは敵を作っただけ。失敗と言えるだろう。

父ラバー・ボールは若い彼らのためにも、もう少し慎重な決断を行って欲しいところだ。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。