ケビン・ノックス「もしプレーオフに出れば、ガーデンはクレイジーなことになる」

シェアしよう!

ここ5年連続でプレーオフ出場を逃しているニューヨーク・ニックスは、今季も厳しい戦いを強いられると見られている。

特にクリスタプス・ポルジンギス不在の影響は大きく、チームの本格的な動きは来季からとまで言われているほどだ。

だが今季ドラフト9位でニックスに入団したケビン・ノックスは、既にチームのプレーオフ進出を想像しているようだ。彼の以下のコメントをNY Postが伝えている。

ウエストなら、プレーオフのために50勝は必要だ。イーストなら、35~37勝の範囲ならプレーオフに進出できるよ。

しばらくニューヨークはプレーオフに出ていないから、もしプレーオフに進出できたら、ガーデン(マジソン・スクエア・ガーデン)はクレイジーなことになるね。

ポルジンギスは俺に「準備してるか?」と聞いてきた。彼は多くのプレッシャーを知ってるが、俺とのプレイをとても楽しみにしてるんだ。俺も彼とのプレイを楽しみにしてる。だから俺は彼とジムに行って関係を持つ準備をしてるよ。

俺はコートのどんなところでも多くプレイできる。フィッツデールは俺を色んな所で使うと思う。ディフェンスでは、多彩にプレイできると思う。異なったポジションで守れるからね。オフェンスでも、複数のポジションでプレイできる。言ったように、フィッツデールは俺を色んな所で使うだろう。

まだ19歳とかなり若いノックスだが、現状のニックスにおいて即戦力的な活躍が求められている。

彼はどこまでの活躍を披露してくれるのだろうか。注目だ。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。