ロケッツGM、先日トレードで獲得した二人は「過小評価されてる」

シェアしよう!

先日ロケッツはトレードでサンズからマーキース・クリスとブランドン・ナイトを獲得した。

クリスはドラフト上位ピックの選手、ブランドン・ナイトは怪我前は平均20得点近い点を取れる選手とだけあって、このトレードには大きな驚きがあったことだろう。

そしてロケッツのGMを務めるダレル・モーレイはトレードで獲得したこの二人は過小評価されていると感じているようだ。彼の以下のコメントをazcentralが伝えている。

(このトレードは)我々がやる典型的な獲得だよ。

彼らはここで過ごせると感じてる。ダントーニHCのシステムで楽にプレイできるだろう。ブランドンはエリートスリーポイントシューターだったし、マーキースはマイク(ダントーニ)のオフェンスでリムをフィニッシュする役割ができるだろう。とてもアスレチックで、かなり過小評価されていると思うよ。

二人ともスタメンで試合に出れるレベルではないかもしれないが、もしベンチから出てくれば相手にとってかなりの脅威となるだろう。

もし彼らがモーレイの言う通り「過小評価」されているとすれば、来季のロケッツは今季以上に強力なロスターになっていきそうだ。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。