ジョエル・エンビード、ディアンドレ・エイトンを(多分)称賛する

シェアしよう!

ドラフト1位で今季サンズへ入団したディアンドレ・エイトンは、その風貌やプレースタイルからしばしばシクサーズのジョエル・エンビードと比較される選手である。

ドラフト当日はその比較論をエンビード自身が嫌い、「俺はディフェンスもできる」などとツイート。自身とエイトンは明らかな能力差があるという感じだった。

だがそれでも、エイトンへの期待はあるようだ。エイトンについてエンビードは以下のようにコメント。ESPNが伝えている。

彼は今年コテンパにされるだろね。

彼はとても良くなるだろう。彼について話すと、「彼はジョエル・エンビードのように見える」と言われるが、俺はコートの両サイドでプレイできる。俺は良いオフェンシブプレイヤーだし、良いディフェンシブプレイヤーだ。フロア全体で俺はプレイできる。

彼のプレイは見たし、彼はとても良く働いてる。とても多くのポテンシャルがある。彼はとても良くなるだろうね。

サンズの未来を託されていると言っても過言ではないエイトン。

次世代を担うビッグマンとして、彼らの戦いにも注目したいところだ。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。