ケビン・ラブ、レブロンとプレイする難しさについて語る

シェアしよう!

NBAの顔であるレブロン・ジェームズは、キャリアにおいて数々の偉業を達成してきた。

個人記録だけでなく、所属したチームを何回もファイナルへ導き、史上最高のプレイヤーの議題に上がることがとても多いレブロン。

だが、それ故に彼とプレイする上での難しさもあるようだ。

キャブスで4年間共にプレーにしたケビン・ラブは、レブロンとプレイする難しさについて以下のようにコメント。ESPNが伝えている。

まぁ、ペリメータープレイヤーやポストプレイヤーに関係なく、彼に依存するよね。

フォローしないといけない。彼とプレイする方法を学ばないといけない。自分はトップの男じゃない。自分自身であり続けようと努めたし、偽りたくなかった。そう言ったように感じた。同意するしない関係なく、俺の声はそう聞こえたんだ。

立ち直らなければならない。とてもハードな夜だったよ。暗い時間だった。だけど常に戦い続けなければならないと思ってた。そこは頑なだった。そしてレブロンは毎年タイトル獲得のチャンスへ導いたんだ。彼は多くのやつとリングを獲得したんだ。俺らは勝って絆で結ばれて、兄弟のような関係を続けてる。

歴代屈指のオールラウンダーなレブロンとあって、プレイする難しさは他の選手の比ではないだろう。だが一方で、レブロンの恩恵を受ける選手も多い。

とはいえ今季レブロンはレイカーズへ旅立った。

ということは、今季はラブにとって新たな自分を見せつけるシーズンになるということだ。

今季のラブは、どんなプレイを見せてくれるだろうか。注目だ。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。