ジョージ・ヒル、コリン・セクストンとの競争を歓迎

シェアしよう!

プレイメイクを担っていたレブロン・ジェームズがレイカーズへ移籍したことで、昨季以上にキャブスにおけるポイントガードのポジションは重要なものになるだろう。

その証拠に、キャブスはドラフト1巡目指名権を使いガードのコリン・セクストンを指名。

今季は彼と昨季加入したジョージ・ヒルが先発ポイントガードのポジションを争うとみられている。

そしてそのヒルは、ベテランの役割としてセクストンのメンターになる用意があるようだ。

ヒルは新人時代、所属していたスパーズでスタメンだったトニー・パーカーに言われたことを思い出しながら、セクストンについて以下のようにコメント。Cleveland.comが伝えている。

俺らはとても競争的で、俺は彼に対して厳しくするし、彼は俺に対して厳しくするだろうし、お互いを学んでより良くしようとするつもりだよ。

俺は彼に対して高い期待を持ってて、彼は自身に対して高い期待を持ってると思う。俺は彼が向上し、素晴らしいことを成し遂げるために彼の1番のファンになるつもりさ。

「お前は間違いを犯すだろう。でもOK。そこから学べ。動き続けろ。学び続けろ。そしてアグレッシブになれ」パーカーが俺に言ったこのことが一番大きなことだった。トニーとはリスクを冒して学ぶというのが課題だった。そして、そこから学ぶんだ。

自身の新人時代の経験を、セクストンに還元すれば、両者にとって最高の関係が築かれる。

そうなれば、キャブスはさらなる高みへ導かれるだろう。

彼らの関係性にも、注目していきたいところだ。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。