ラバー・ボール、久しぶりに調子に乗る

シェアしよう!

躍進が期待されていたロサンゼルス・レイカーズだが、開幕からここまで3勝5敗といまいち波に乗り切れていない。

ついには球団社長のマジック・ジョンソンがHCを務めるルーク・ウォルトンにブチ切れたという報道も。雰囲気もあまり良くないのだろうか。

そして今のレイカーズについて、2年目ガードロンゾ・ボールの父であり度々メディアを騒がせてきたラバー・ボールは以下のようにコメント。Sky.Sportsが伝えている。

もしロンゾ・ボールがいて、レブロン・ジェームズという世界最高のプレイヤーがいて、どうすればチャンピオンシップが取れないんだ?

私の今季の(レイカーズの)予想はチャンピオンシップ獲得だ。シュートの助けが必要なら、私がコーチをしよう。私なら目を閉じてもコーチができるよ。

流石に笑うしかないが、こいつラバー・ボールに意見されるほど今のレイカーズは不調だと捉えることもできる。

早く不調から脱し、ラバー・ボールを黙らしてもらいたいところだ。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。