モハメド・バンバ、クワイ・レナードととても深い関係であることを明かす

シェアしよう!

今季全体6位指名でマジックに入団したモハメド・マンバは、マジックの将来を担う存在として今後が期待されている。

そんなマンバは先日、ラプターズのクワイ・レナードと深い関係であることを明かしたようだ。2015年にマンバの兄が強盗で逮捕された際、兄の知人であったレナードがマンバのメンタル面でのサポート役になってくれたという。彼の以下のコメントをNBA.comが伝えている。

ブラザーがどこかにいってからしばらくして、クワイは俺に連絡をとってきた。彼は少しずつ、兄の役割を果たしたんだ。彼は常に家族ぐるみの友人だよ。

彼は常に俺のためにそばにいてくれたんだ。俺はいつも彼に助言を求めてたし、彼は必要なことならそばにいると言ってくれた。そういう関係なんだ。

夏の一部に彼と過ごす計画だったんだけど、プレドラフト(ドラフト前のワークアウト)がクレイジーだった。サンディエゴで一緒に練習することについて既に少し話をしてる。彼と数週間過ごすことは、俺にとって素晴らしいことになると思う。

先日行われたマジック対ラプターズ戦では、ドラマチックなマッチアップを果たした両者。マンバがNBAプレイヤーになったことで、彼らの関係はさらに強固なものになったことだろう。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。