タイソン・チャンドラー、ウォリアーズ加入を真剣に検討していたことを明かす

シェアしよう!

ベテランセンターとして、サンズからレイカーズ移籍以降重要な役割を果たしているタイソン・チャンドラー。

そんなチャンドラーは開幕前、サンズとの契約をバイアウトしウォリアーズと契約することを考えていたようだ。彼の以下のコメントをReal GMが伝えている。

ウォリアーズは常に頭の中にあったんだ。彼らのバスケットボールスタイルが好きだったからね。ウォリアーズ加入についてかなり深く考えてたし、彼らに俺を望んでいるかと聞いたんだ。彼らは「Yeah」と答えてくれたよ。

チャンドラーによれば、デマーカス・カズンズが復帰した場合の自身のプレイタイムを考えた結果、ウォリアーズと契約しない決断をしたという。

センター不足に悩まされ、チームの大きな課題になっている今季のウォリアーズ。もしレイカーズでまともな戦力として活躍しているチャンドラーがいれば、結果は大きく変わっていたかもしれない。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。