ジミー・バトラー「ソフトという言葉は好きじゃない」

シェアしよう!

日本時間1/12行われたホークス対シクサーズ 戦は、123対121でロードのホークスが勝利した。

シクサーズ はここ10戦で6勝4敗。イーストでは4位に位置しているものの、いまいち波に乗り切れない。

試合後ポイントガードのベン・シモンズは「チームはソフトすぎる」と話し、チームが身体的により強さを見せる必要があると語っていたが、チームメイトのジミー・バトラーも同じような気持ちを抱いているようだ。試合後のバトラーのコメントをESPNが伝えている。

「ソフト」という言葉は好きじゃない。

するはずだったことができたとは思っていない。誰かがソフトだというわけじゃないよ。ただ、試合のあらゆる面で勝たないと。相手は初めからやりたいことを48分連続でやってたんだ。俺らはまだ(チームとして)一緒だと思いたい。誰も誰かを指差したりはしない。

足首の痛みで欠場したエンビードの穴は痛かっただろうが、それでも相手は再建中のホークス。勝たなければならなかった。

今季は4連勝以上の大きな連勝がないシクサーズ 。何かきっかけをつかみ、波に乗りたいところだ。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。