シカゴ・ブルズ、ロビン・ロペスのバイアウトに興味なしか

シェアしよう!

再建期を過ごしているシカゴ・ブルズは、若手選手の登用に積極的になっている。

そうなれば、ベテランセンターのロビン・ロペスのバイアウトによる放出の可能性も出てくるだろうが、現時点ではその考えはないようだ。

Real GMによれば、シカゴ・ブルズはロベン・ロペスの放出を断ったという。

シカゴ・ブルズは、ロビン・ロペスとのバイアウト交渉を断った。トレードによる放出を好んでいる。ロペスの代理はバイアウトを12月の最初に迫ったが、ロペスは個人的にブルズに迫っている。

なおロペスはもしバイアウトされたなら、ウォリアーズと契約したいと語っている。

今季ブルズはザック・ラビーンとジャバリ・パーカーをFAで獲得し再建期脱出を図ったが、全くの失敗に終わり、まだ難しい時間を過ごすと思われている。

そのパーカーは現在ローテーションを外れ、ロペスの出場機会も激減している状況だ。

この冬はブルズにとって忙しい冬になりそうだが、どんな動きを見せるだろうか。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。