ラバー・ボール、ロンゾ・ボールのペリカンズ行きを望まず

シェアしよう!

トレードデッドラインが近づいている中、レイカーズはアンソニー・デイビス獲得に積極的になっている。

報道ではレイカーズがカイル・クズマ、ロンゾ・ボール、ブランドン・イングラム、ドラフト指名権2つをペリカンズに提示したとあり、レイカーズは育ててきたヤングコアの放出にも積極的なようだ。

だが、ヤングコアの一人ロンゾ・ボールの父であるラバー・ボールは、ロンゾのペリカンズ行きに否定的なようだ。彼の以下のコメントをESPNが伝えている。

我々はLAにいたい。だが仮にトレードされるとしても、ペリカンズは望まない。フェニックスが彼にとってベストだ。そう言うつもりだよ。

ペリカンズには既に同じタイプのガードであるエルフレッド・ペイトン、さらにボールハンドラーでもあるジュール・ホリデーが所属しており、ロンゾの居場所は少なくともレイカーズよりかはないかもしれない。

さらにサンズは開幕から純粋なポイントガードがおらず、スコアラーのデビン・ブッカーがプレイメイキングをする場面が多々見られており、ペリカンズよりかは活躍する場所があると見ていいだろう。

なおレイカーズはブルズのジャバリ・パーカーを狙っているとも噂されている。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。