ロケッツオーナー「クリス・ポールの貢献は統計だけで測定できない」

シェアしよう!

ここ数年平均19点前後を稼いでいたロケッツのクリス・ポールだが、今季は平均15.6得点と大きく数字を下げることになった。

ジェームズ・ハーデンが人間離れしたスコアリング能力で得点を記録しまくっていたことの影響もあるだろうが、プレイオフでは目立ったプレイを見せることができず、一部ファンからは戦犯に挙げられている。

だがロケッツのオーナーを務めるティルマン・フェティータは、ポールを擁護したようだ。彼の以下のコメントをHouston Chronicleが伝えている。

アシストや得点といった統計だけで、クリス・ポールを見ることはできない。クリスは相手チームを崩壊させるために、すべての試合でやるべきことをやった。クリスはスマートだ。今後数年チームに貢献するための多くの能力が彼にはあると思う。彼はチームを助けるための精通した知識を持っているんだ。

2017年の夏に締結した契約により、ポールは来季約38億のサラリーを貰うことになり、その次の年はさらに金額が上がる。

クリス・ポールはもちろんグッドプレイヤーではあるだろうが、果たしてこの金額に見合った活躍を披露できているかと言われれば、少なくとも今季の成績を見る限り疑問符を付けざるを得ないだろう。

来季もチームの陣容は殆ど変わっていないだろうが、その中でファンを納得させるだけのプレイを見せることができるだろうか。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。