ケビン・デュラント代理人、ケビン・デュラント獲得競争は「チェスのようなもの」

シェアしよう!

ウォリアーズのケビン・デュラントは今季終了後FAになるが、これまではニックスへの移籍が噂されてきた。

だが、現時点でデュラントはまだ何も決めていないのかもしれない。TV番組でこのことについて聞かれたデュラントの代理人を務めるリッチ・クレイマンは以下のようにコメント。WSJ Sportsが伝えている。

(ニックスとの合意はすでにあるのか聞かれ)

ない。100%決まっていないし、私はケビンを待っている。それが真実だ。これはみんながチェスをやっているようなものだよ。

だが誰かがケビンのようなバスケットボールレベルに達したとき、チェスでは判断できない。彼は自分の方法でプレイ、練習している限り、将来を描いていないんだ。

シーズン後半から記者によるFAについての質問に露骨な嫌悪感を出していたデュラント。外部ではいろいろと言われているが、本当にまだ何も決めていないのだろうか。

とはいえ現在は怪我で離脱中のデュラント。まずは万全の状態で3年連続となるファイナルに臨みたいところだろう。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。