デマーカス・カズンズ、アンソニー・デイビスとの再合流は「ずっと話し合ってた」

シェアしよう!

アキレス腱断裂という大怪我から復帰したもののウォリアーズではいまいちだったデマーカス・カズンズは、FAでロサンゼルス・レイカーズへ移籍した。

レイカーズではペリカンズ所属時リーグ屈指のビッグマンデュオとしてコンビを結成していたアンソニー・デイビスとまた共にプレイすることになるわけだが、デイビスとのプレイについて彼は以下のようにコメント。 ClutchPointsが伝えている。

俺とADはとんでもない時間もう一度チームメイトになることについて話し合ってきた。この関係を絶対に終わらせたくなかったけど、全ての出来事には理由がある。機会があったから、それを実現することにしたんだ。

ビッグマンデュオはとてもタフだと思う。それがもう一度チームメイトになりたいと思った理由の一つさ。レブロンが加わったとしても、俺らはお互いがどこまでより良くなることに、お互いの試合をどこまで簡単にさせることに気づいてるんだ。彼の実績が物語ってるよ。

怪我の影響で自身の評価を大きく下げたカズンズだが、デイビスとのプレイで自身の評価を上げてほしいところだ。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。