ジェームズ・ハーデン「今年はとても楽しくなる」

シェアしよう!

ラッセル・ウエストブルックがトレードでロケッツへ移籍したことにより、サンダー時代デュラントとともにリーグを席巻したジェームズ・ハーデンとラッセル・ウエストブルックのコンビがロケッツで見れることになる。

期待値が高い一方で、「ボールが二つ必要」という秀逸な皮肉からわかるようにボールシェアについて懸念が生じているのも事実だが、ハーデンは今シーズンのロケッツについて以下のようにコメント。ESPNが伝えている。

オクラホマシティを離れたとき、俺は悲しかった。そしてヒューストンが俺のホームになったんだ。そして今、ハッピーじゃなかったラッセルとプレイできる機会が来た。今、俺らは戻った。今年はとても楽しくなるだろう。保証するよ。そう信じてる。

ボール独占シュート乱発型の2人がケミストリーを構築できるかは疑問だが、思い出してみればそれはクリス・ポールがロケッツに来た時も言われていた。逆に面白いバスケを見ることができるかもしれない。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。