ディアンジェロ・ラッセル、ウォリアーズのシステムの適応に自信を持つ

シェアしよう!

ウォリアーズに移籍しリーグに衝撃を与えたディアンジェロ・ラッセルだが、一方でチームのエースであるステフェン・カリーとの共存など様々な面で彼の適応が不安視されている。

だがラッセル自身はウォリアーズの適応に自信を持っているようだ。彼の以下のコメントをClutch Pointが伝えている。

これは、攻撃的な組織とシステムが個々の選手を最大限に活用する良い例になると俺は思う。ウォリアーズはロスターに入ってくる選手たちを適応させる素晴らしい仕事をしてきたから、どんなプレイスタイルに適応しなければならないか全く心配していない。スペシャルなことになるだろうね。

近年ではドラフト下位指名で獲得したジョーダン・ベルやケボン・ルーニーなどを成長させ、またキャリアの下降線に位置していたジャベール・マギーやショーン・リビングストン、アンドレ・イグダーラなどをチームに不可欠な存在として活用してきたウォリアーズ。

もちろんディアンジェロ・ラッセルもその例外にはならなさそうだが、彼は一体どんな選手へと成長していくのだろうか。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。