ディアーロン・フォックス「スピードに関する練習はしない」

シェアしよう!

昨季平均17.3得点7.3アシストを記録したディアーロン・フォックスは、リーグ随一のスピードを誇る選手として知られている。

そしてそのフォックスが持つ圧倒的なスピードは、自身の先天的な能力によるものが大きいようだ。彼の以下のコメントをThe Athleticsが伝えている。

トラック(野外の運動場など)ではだめなんだ。やばいことになる。俺はトラックで走る人間のことを称賛するけど、トラックは俺の足を傷つける。トラックでは走れないんだ。スピードワークとアジリティーについて言えば、俺は練習しない。生まれつきなんだよ。俺の足が早くなったと人々が言うと、それは俺が強くなり始め、速くなり始めた時なんだ。だけど、スピード関連を練習したことはほとんどない。

ジョン・ウォールやラッセル・ウエストブルックなどと比較されるほどのスピードを持つフォックスがトラックで走ればとんでもない記録を出しそうだが、人間の体は不思議なものだ。

昨季はその活躍が評価されMIP候補に挙げられることもあったフォックス。3年目となる今シーズンは自身の能力をどこまで伸ばせるだろうか。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。