ドウェイン・ウェイド「ジミー・バトラーはマイアミの一部になりたがってた」

シェアしよう!

去就が注目されていた今夏シクサーズ残留ではなくサインアンドトレードでマイアミ・ヒートへ移籍したジミー・バトラー。

そのバトラーについて、ヒートのレジェンドでありバトラーとも親交が深いドウェイン・ウェイドは以下のようにコメント。Heavy. comが伝えている。

ジミー、彼は本当にマイアミの一部になりたがってた。彼はパット・ライリー(球団社長)やエリック・スポエストラ(HC)、ウドニス(ハスレム)や俺が作り上げた文化の一部になりたがってたんだ。チームのメンバーは、彼らを押し上げるジミーのおかげで活気づけられると思う。だから、昨季俺がいたシーズンよりも明らかに良くなることを期待しているよ。

ロサンゼルス勢やオクラホマシティ、ブルックリンのおかげであまり注目が集まっていないマイアミ・ヒートだが、昨季のシクサーズの改善を見るにジミー・バトラーの加入は間違いなくヒートにとってプラスに働くだろう。

リーグイチの熱い男であり若手の良い手本となることも多いバトラーだが、彼はヒートにどんな効果をもたらすだろうか。注目だ。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。