テリー・ロジアー「俺はケンバ・ウォーカーじゃない」

シェアしよう!

FAでありチームの大黒柱だったケンバ・ウォーカーに対し魅力的なオファーを提示することができず、セルティックスに行った彼の代わりとしてセルティックスの控えガードであるテリー・ロジアーを獲得したホーネッツ。

当然ケンバ・ウォーカーの後釜としての活躍が期待されているわけだが、一方でロジアーはウォーカーではなく自分自身を見て欲しいと感じているようだ。彼の以下のコメントをThe Charlotte Observerが伝えている。

多くの報道にイライラしていた。もう一度自分自身を証明したい。俺はケンバじゃない。ケンバのようにプレイするつもりでここに来たわけじゃない。俺はテリーだ。

ケンバのことはめちゃくちゃ尊敬している。俺が彼と対峙した時、彼は本気を出してくれた。だけどケンバ?もうその言葉は聞きたくない。ケンバのことについて俺に聞かないでくれ。

ここ2シーズンはカイリー・アービングの影響で控えに回っていたロジアーだが、シャーロットは25歳の彼に3年約5600万ドルという驚くべき高い金額で契約した。それだけ、シャーロットは彼を高く評価している。

これまで生え抜きとしてボブキャッツ時代からシャーロットに尽くしてきたケンバを超える活躍を披露することは非常に難しいが、ロジアーはロジアーなりのレガシーをシャーロットに残してもらいたい。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。