ペリカンズのロンゾ・ボール、3秒間の間に足首を二回挫く妙技を披露してしまう

シェアしよう!

今季ペリカンズへトレードで移籍したロンゾ・ボールは、NBA入り後から多くの怪我と向き合ってきた選手だ。

ここ最近はその怪我の要因が親父の作ったバッシュブランドの粗悪で価格がクソ高いバッシュだと指摘してきた彼だが、本当なのだろうか?と思わせるプレイを彼は見せてしまったようだ。

Clutch Pointsによれば、ボールは日本時間11/5行われたネッツ戦で3秒間に足首を2回挫いたという。

HCによれば大した怪我ではなく、少し痛みがあるだけのようだ。

ボールはここまでペリカンズのオフェンスを牽引し、得点アシストスティールでキャリアハイの数字を記録。ペリカンズへの移籍が成功だったことを証明しつつある。

だがロンゾの怖いところは怪我が多いこと。特に足首は昨季をやっており、プレイにも影響を及ぼす。怪我には注意してもらいたい。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。