PJ・タッカー「クリント・カペラは俺のリバウンドを奪ってる」

シェアしよう!

ヒューストン・ロケッツの先発センターとしてここ数年大きく成長しているクリント・カペラは、今季ここまで15試合中6試合で20リバウンド以上を獲得している。

平均リバウンド数もキャリアハイとリーグ屈指のリバウンダーとして少し成長しているのだが、この活躍にチームメイトのPJ・タッカーは冗談を交えながら以下のようにコメント。Clutch Pointが伝えている。

彼は俺のリバウンドを奪ってるよ。保証する。

クリントのプレイはハードだ。彼はとても調子がいい。どんな場所にもいる。彼が今のような素晴らしいプレイを見せてるから、チームは彼をキープするだろうね。

ラッセル・ウエストブルック、ジェームズ・ハーデンに次ぐ給料を貰っているカペラはリバウンドで大きく貢献している一方、フリースロー成功率は50%を切り大きく期待を裏切っている。

フリースローの率さえ上がればさらに違いを作れる選手になれそうだが、ここからの復調に期待したい。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。