レブロン・ジェームズ、トータル19ブロックのビッグマン3人を絶賛

シェアしよう!

日本時間1月6日に行われたピストンズ戦でロサンゼルス・レイカーズはここ20年で初めてチームとして一試合20ブロックを記録した。

このとんでもない記録に貢献したのが、レイカーズが誇るアンソニー・デイビス、ドワイト・ハワード、ジャベール・マギーのビッグマン3人だ。デイビスが38分の出場で8ブロック、マギーが21分の出場で6ブロック、ベンチから出場のハワードが21分で5ブロックと3人だけで合計19ブロックも記録したのだ。

この活躍に、この試合トリプルダブルを記録したレブロン・ジェームズは賛辞を贈るしかなかったようだ。彼の以下のコメントをESPNが伝えている。

本当に、見事な離れ業だった。素晴らしい偉業だよ。ドワイト、ジャベール、AD(デイビス)は、俺達のプレイをより簡単にさせる。俺たちの背後にいる安全網を知った。彼らは驚くほど豪華だよ。

ピストンズ戦は主にディフェンスでもリーグで大きな力を示している今季のレイカーズを象徴する試合になった。21分で6ブロックを記録したジャベール・マギーが試合後ドラッグテストを受けたというオチがついているのも素晴らしい。

なお試合は106対99でレイカーズが勝利している。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。