マイク・ダントーニ、ロケッツのHCを辞任

シェアしよう!

ヒューストン・ロケッツのHCとして来季も仕事を続ける見込みだったマイク・ダントーニ。だが来季はロケッツで仕事をすることはないようだ。

ESPNによれば、ダントーニはロケッツのHCとして戻らないという。

彼がESPNに伝えたところによれば、ヒューストンロケッツのマイク・ダントーニはフランチャイズに自身がフリーエージェントになり来季のためにチームに戻るつもりはないと伝えた。

ダントーニはESPNに対し「とても悲しいことだが次のチャプターへ進む」と語ったという。

今季開幕前の契約延長のオファーを拒否していたダントーニ。だがロケッツのフロントオフィスはダントーニを信頼しており、ロケッツHC続投は既定路線とみられていた。そのため今回の決定に驚きを持ったファンは多いだろう。

ダントーニはロケッツのHCとして4シーズンを指揮し、217勝102敗を記録。勝率は約68%を記録し、コーチオブザイヤーに2回受賞。タイトルは獲得できなかったものの、プレイオフでもここ4年で全チーム中4位となる28勝を記録するなど十分な活躍を披露した。

だがロングショットを多投するスタイルには賛否両論があり、今季は途中から超スモールボール(マイクロボール)を導入するもプレイオフでは苦戦。カンファレンスセミファイナルでレイカーズから1勝するも4連敗を喫し敗退が決定していた。

なおダントーニに対し先日ブレッド・ブラウンを解任しHCを探しているフィラデルフィア・シクサーズ、インディアナ・ペイサーズ、ニューオーリンズ・ペリカンズが興味を示していると同メディアは伝えている。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。