アンソニー・デイビス「正しいとこに収まっている」

シェアしよう!

開幕前トレードでドラフトからフランチャイズプレイヤーとして活躍してきたペリカンズからレイカーズへ移籍したアンソニー・デイビス。レギュラーシーズンでは下馬評通りの活躍を披露し、プレイオフでも素晴らしい活躍を披露している。

とはいえデイビスは選手として初めてウエスタンカンファレンスファイナルへ進出。意気込みを聞かれ彼は以下のようにコメント。 SB Nationが伝えている。

全てが正しいところに収まっているという感じだよ。

俺がチームに来た時、目標はチャンピオンシップを獲得することだった。俺にとっては素晴らしいプロセスだよ。素晴らしい人達がいて、レブロンは俺を助けてくれる。ウエスタンカンファレンスファイナルは俺にとって新しいことだが、だからこそ過程を楽しんでいるよ。

デイビスは今プレイオフで平均27.6得点10..9リバウンド4.1アシストを記録。変わらず圧倒的な活躍を披露している。

カンファレンスファイナルの相手はナゲッツかクリッパーズどちらかだが、どちらが来たとしても十分な休養を取っているレイカーズが有利なのは変わらない。

初の館f慣れんすファイナルでデイビスはどこまで活躍できるだろうか。期待だ。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。