ケンバ・ウォーカー「カンファレンスファイナルは戦争」

シェアしよう!

プレイオフイースタンカンファレンスのファイナルは、カンファレンス3位だったセルティックスと5位だったマイアミ・ヒートが対戦する。

どちらも堅いチームであり接戦が予想される中、セルティックスのケンバ・ウォーカーは闘志を燃やしているようだ。彼の以下のコメントをYahoo Sportsが伝えている。

これは闘犬だよ。戦争だよ。俺はそう捉えてる。俺らはただ集中する必要があると国ディフェンス面で、長い間集中してプレイする必要がある。彼らは多くの違った方法で得点を記録できるバスケットボールだからね。

相手シューター陣に注意する必要があるし、ジミーにもバムにもね。ほぼすべてのことをできるビッグマンがいる。彼らがそうだったとしても、俺達は多彩だよ。継続性を止めるための方法を見つける必要があるね。

ウォーカーはプレイオフでここまで平均19.6得点を記録しているが、3ポイント成功率は28.4%と不振。本調子を発揮できずにいる。

ヒートのディフェンスは非常に固くウォーカーも苦しめられるかもしれないが、みなぎる闘志をエネルギーに変えその爆発力をそろそろ発揮してもらいたいところだ。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。