アイザイア・トーマス、逆転負けを喫したチームを批判

シェアしよう!

日本時間02/07に行われたマジック戦で、クリーブランド・キャバリアーズは一時20得点もリードしながら116対98で敗戦した。

第1クオーターで43得点を取り、そのまま勝利すると思われた。だが第3クオーターで41得点を取られ、さらに第4クオーターはチームとして9得点しか記録できなかった。

ここ15試合で10敗を喫し、スランプに陥っているキャブス。

ディフェンスが悪いと常に批判されてきているが、今回のマジック戦ではオフェンスでも酷い出来。

この敗戦について、アイザイア・トーマスは以下のようにチームを批判。ESPNが伝えている。

逆境の時に、俺らはバラバラになる。

みんなはオフェンスでは1on1をし始めて、ディフェンスでは自分自身のことだけ。ファーストハーフで、俺らは素晴らしいプレイをして、ディフェンスではお互いを助け合って、ボールをシェアしあったから、みんなハッピーで活力があった。そこから負ける試合を作ってしまう俺らに戻ってしまったんだ。

キャブスは現在イースト3位だが、4位ウィザーズとはゲーム差なし。

さらにペイサーズやバックスが順位を上げており、チームの立て直しは急務となっている。

キャブスはこの逆境に一致団結して立ち向かえるだろうか。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。