タイロン・ルーHC、ウォリアーズのセルフコーチングについて笑えないジョークを飛ばす

シェアしよう!

先日行われたウォリアーズ対サンズ戦で、ウォリアーズのスティーブ・カーHCがコーチングを選手に任せてしまう一幕があった

これについてカーHCは「こうするべきだと思った」と語り、停滞感を打開するために全員で考えたことだったと説明している。

戦術理解の高い選手たちが集まるウォリアーズだからできることだろうが、このことについて聞かれたキャブスのタイロン・ルーHCは以下のようにコメント。本人はジョークを飛ばしているつもりだろうが、あまり笑えない。ESPNが伝えている。

私はやらないだろうね。

でももう既にレブロンがコーチをしているチームだと言われているよ(笑)。もし彼にクリップボードを渡すようなことをしたら、本当にそう言われるだろうね。

ジョークのつもりのようだが、タイロン・ルーHCの手腕が発揮されているとは言い難く、あまり笑えない・・・

だが、トレードデッドライン後のセルティックス戦とサンダー戦に勝利し、キャブスは不振を脱しつつある。

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。